ヒト幹細胞培養液でハリの出るというクロノセル。本当にハリが出るかどうかも大事ですが、副作用があるのかどうかも気になるところですよね。そこで、クロノセルの悪い口コミや評判をしっかり調査しました。おすすめの方やそうでない方もまとめていますので、参考にしてください。

クロノセルは副作用が怖い?悪い口コミ・評判を徹底調査!

ヒト幹細胞培養液で、ハリが出るというクロノセル。

気になっているけど、副作用が怖い・・・という方も多いのではないでしょうか。

そこで、クロノセルを使った人の悪い口コミや評判を調査しました。副作用があるかどうかもしっかり調査しましたので、参考にしてください。

クロノセルは副作用があるの?

結論から言いますと、クロノセルを使って副作用があったという情報はどれだけ探しても見つかりませんでした。

ツイッターやインスタグラムなども念入りに調査しましたが、副作用が出たという口コミは皆無です。

天然植物系エキスで作られていて、無添加ですので、お肌に優しいです。

とは言っても、人によっては合わない成分もあるかもしれませんので、クロノセルに含まれている全成分を紹介しますね。

水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシチン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na出典 CHRONOCELL(クロノセル ) – FABIUS(ファビウス) 公式

クロノセルの口コミ

副作用がないことが分かっても、実際に使った人がどうだったのか?ココも気になりますよね。

そこで、ツイッターやインスタグラムなどで、クロノセルの口コミも調査しました。

悪い口コミ

クロノセルを使った人の悪い口コミはありませんでした。

ただ、調べているとツイッターでこんな口コミを見かけました。

クロノセルの広告がうさんくさいという口コミですね。

ユーチューブなどでも、広告を流していて、こういった広告になります。

塗るだけで、シミだらけの顔が全て消えたみたいな広告ですね。

いくらなんでも、これはありえないですよね。

うさんくさいと思っても無理はないと思います。

会社のファビウス側としても、売りたい気持ちがまさってしまったのかもしれませんが、こういうのは良くないですよね。

こういうところから、「副作用」や「怖い」と思われてしまったのではないかと思います。

塗っただけでシミが全部消えるなら怖いし副作用があると思いますよね・・・

さすがに誇張ですし、この広告はあまり信じないほうがいいです。

良い口コミ

実際に使っている人の口コミは良いものばかりです。

いくつか紹介しますね。

公式サイトにも複数の口コミが寄せられていますので、気になる方はご覧になってみてください。

公式サイトの口コミなので、信じすぎないほうがいいと思いますが、基本的に使っている方は満足されていることが分かります。

クロノセルの公式サイト

クロノセルの特徴

7つの無添加フリー

鉱物油/合成香料/パラベン/シリコン/タルク/合成着色料/旧指定成分の7つが無添加でフリーです。

旧指定成分は、昭和55年に厚生省がアレルギーを引き起こす可能性がある成分として、表示を義務付けた「塩化セチルピリジニウム」や「塩化ベンザルコニウム」など102種類の成分です。

ヒト幹細胞エキス3種配合

ヒト脂肪細胞順化培養液:肌の主要成分のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生を促進することで、保湿効果があります。

ヒト線維芽細胞順化培養液:コラーゲン、エラスチン、フィブロネクチンなどを産生して皮膚を維持させ、細胞の増殖を促進します。

ヒト骨髄幹細胞順化培養液:細胞の増殖・分化を促し、衰えた肌を健康な肌に生まれ変わらせます。

肌本来の状態に戻す整肌因子3種配合

ヒトオリゴペプチド-1:53種のアミノ酸からなる人が元から持っているタンパク質で、肌を整える役割を担っています。ターンオーバーを」サポートして、美しい肌へ導きます。

ヒトオリゴペプチド-13:154種のアミノ酸からなる人が元から持っているタンパク質で、肌の弾力やハリを支えるコラーゲン・エラスチンの生成する力を守ります。

合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31:コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の働きをサポートする成分です。イキイキした健やかな肌へ導きます。

ヒト由来の乳酸菌EC12配合

皮膚の中に1兆匹いるといわれている常在菌で、肌の状態を整えて、美肌へ導きます。

肌にやさしい天然植物系エキス

アスコルビルリン酸Na:すぐに皮膚に吸収され、即効性の高いビタミンC誘導体です。ビタミンCを肌に取り込むことで、皮脂分泌の抑制やコラーゲンの生成を促進させます。

クズ根エキス:クズの乾燥した根から抽出して得られるエキスです。優れた保湿効果があります。

オタネニンジン根エキス:オタネニンジンの根から抽出されるエキスで、血液循環の工場や細胞を活性化させます。

ハイドロキノン:皮膚を紫外線などによる損傷から守ります。シミの原因となるメラニン色素の合成も阻止します。

アロエベラ葉エキス:肌の潤いを保つ働きや肌を引き締める効果が期待できます。

キュウリ果実エキス:保湿に優れていて、キメを整えてくれます。

クロレラエキス:クロレラを熱水で抽出し得られるエキスです。保湿効果や肌の細胞の働きを促す効果があります。

カミツレ花エキス:シミを作るメラニン色素の情報伝達物質を阻害する働きがあり、シミ予防の効果を期待できます。

アラントイン:肌を保護しつつ、肌自身が持つ肌荒れを治すチカラを促進させます。

グリチルリチン酸2K:カンゾウの根に含まれるグリチルリチン酸にカリウムを付加したものです。外部からの刺激を抑える働きがあり、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えられます。

角質を柔らかくする成分

サクラン:ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などと同じ多糖類で、ヒアルロン酸よりも保水力が高いとされています。皮膚内に水分をいきわたらせることができ、肌の活性化を促進できます。

ヒアルロン酸Na:ゲル状のヒアルロン酸で、肌にプリッとした弾力をもたらします。

まとめ

というわけでクロノセルについてまとめてみました。

嘘くさい広告のせいで、使うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、肌に優しい成分のみでできていますし、ハリが出るようになります。

クロノセルは公式サイトから買うと初回が80%オフになるので、オトクです。

この割引は公式サイトのみなので、購入を検討されている方はぜひ公式サイトにてチェックしてみてください。

更新日:

Copyright© クロノセルは副作用が怖い?悪い口コミ・評判を徹底調査! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.